資金を調達するにはどの金融機関にするべきか

>

事業者ローンを利用する

銀行系ビジネスローンの利用

資金サポートを受けるのに、ビジネスローンを利用する方法もあります。
事業者ローンともいいますが、事業者向けに特化した専門的なローンのことです。
公的融資やプロパー融資よりも審査が早く、プロパー融資よりは審査基準がゆるくて借りやすいという特徴があります。
自身の会社の事業規模や借りたい資金額によって利用するかどうかを考える必要がありますが、検討対象になるでしょう。

ビジネスローンは、銀行系とノンバンク系が主に利用されています。
銀行系ビジネスローンは、審査の際にさまざまな書類が必要であったり、融資までの時間がかかるなどと大変な面もあります。
ただ金利は比較的低めに抑えられており、限度額も大き目に設定されています。

ノンバンク系ビジネスローン

銀行系ビジネスローンの利用に対して、ノンバンク系ビジネスローンというのもあります。
ノンバンクとは、消費者金融やクレジットカード会社のことです。
銀行系よりも手軽に利用できる面が評価されています。
手軽さの象徴して、最短では即日融資が可能となっています。
原則来店不要であり、ATMでの利用も可能です。コンビニATMで借入ができるという利便性は捨てがたいものがありますね。
こうしたメリットは多々ありますが、デメリットも多々あります。
金利が高めに設定されているのが最たるものです。借入限度額も引き下げられています。
小回りのきく資金調達に向いていますね。

金利が低く、高額な資金調達が必要な場合は向いていないので、制度融資などを検討したほうが良いですね。


この記事をシェアする