資金を調達するにはどの金融機関にするべきか

>

資金調達にはどの金融機関がいいのかな

信用金庫で資金援助を受ける

信用金庫を住んでいる街で見かけると地方銀行のようなイメージでとらえる人もいるかもしれません。
ですが、信金は金融機関ではありますが、銀行とは違うものです。運営も、信用金庫法に基づいてされており、銀行法に基づく銀行とは違います。
地域資金を還元するためにできた非営利組織であり、民営の株式会社である銀行とは設立理念においても違いがあります。

地域社会の繁栄を目的とした機関ですので、地域在住や地域で事業を起こしているなどの条件や、会員とならねば融資が受けられないなどの制限はあります。
ですが、民間銀行よりも比較的融資は容易となります。また面倒見が良いところも信金の特徴といえます。
窓口対応がメインであり、ネット対応が遅れている面があるなど、デメリットも存在しますが地域の中小企業の融資には強い味方となってくれるでしょう。

政府系金融機関を利用する

政府が運営している金融機関はいくつかあり、なかには創業者支援や中小企業支援をしているところもあります。
創業支援は国民生活事業にあたり、積極的に支援をしてくれるといえます。
民間の銀行ではなかなか実績のない会社には支援をしてくれないうえに、創業となるとさらに厳しさが増します。
公的機関の創業支援制度を利用するのもよいといえます。
銀行に比べて金利が低く設定されていますし、創業前でも検討ができる点が特徴となっています。
また窓口が全国にあるので利用しやすいというメリットもあります。

創業支援に非常に前向きであり、民間のように営利だけを目的としていないので、数字にでてこないところも審査に影響する場合が大きいといえます。
会社への熱意、計画性についても見られる可能性があります。


この記事をシェアする